2017年10月07日

アマゾナス州 2017 マナウス

アマゾナス州選手権 2017年

決勝

第1戦

マナウス1−0ナシオナウ



後半ロスタイムのウェズレイ・ナパンのゴールでマナウスが先勝した。

第2戦

ナシオナウ1−1マナウス



前半22分にマナウスがネゲバのFKで先制。ナシオナウは後半ロスタイムにジェフェルソン・シケイラが1点を返すも試合終了。

トータル2−1でマナウスが創立4年で初優勝に輝いた。

監督はアデルバウ・ラナ

選手はジョナタン、イゴール、デウリッキ、エ・マン、ネゲバ、ジュニーニョ、アマラウジーニョ、アマゾネンセ、ジョナス、ネット、ビーニョ、アミウトン、エウトン、ネッチーニョ、チアギーニョ、ガブリエウ、ウェズレイ・ナパンなど


posted by アッキー at 23:41| Comment(0) | アマゾナス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コパ・ド・ブラジル 2017 クルゼイロ

コパ・ド・ブラジル 2017年シーズン

決勝

第1戦

フラメンゴ1−1クルゼイロ



試合は後半30分にCKから最後はルーカス・パケタが決めてフラメンゴが先制。しかしクルゼイロは後半38分にGKが弾いたボールをジョルジアン・デ・アラスカエタが決めて同点。試合は引き分けで終了した。

第2戦

クルゼイロ0−0フラメンゴ
   PK5−3



試合は0−0のまま勝負がつかずPK戦へ。ここでクルゼイロのGKファビオがフラメンゴの3人目ジエゴのキックを止めてクルゼイロが5−3で勝利。

14年ぶり5度目の優勝に輝いた。

監督はマノ・メネゼス

選手はファビオ、エゼキエウ、レオ、ムリロ・セルケイラ、ジオゴ・バルボザ、エンリケ(元磐田)、ウジソン、アリソン、ロビーニョ、チアゴ・ネーヴィス(元仙台)、ラファエウ・ソビス、ジョルジアン・デ・アラスカエタ、ラフィーニャ、ラニエウ、エウベルなど
ラベル:2017
posted by アッキー at 22:09| Comment(0) | コパ・ド・ブラジル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月09日

コパ・ド・ブラジル 2016 グレミオ

コパ・ド・ブラジル 2016年シーズン

決勝

第1戦

アトレチコ・ミネイロ1−3グレミオ



前半29分に縦パスに抜け出したペドロ・ロシャが決めてグレミオが先制。後半9分にもペドロ・ロシャが決めて0−2。アトレチコ・ミネイロも後半41分にCKからガブリエウが決めて1点を返すが、後半45分にグレミオが右サイドのクロスからエヴェルトンが決めて1−3。グレミオが先勝した。

第2戦

グレミオ1−1アトレチコ・ミネイロ



試合は0−0のまま進み、後半43分にグレミオがミレル・ボラニョスのゴールで優勝を決定づけたが、後半ロスタイムにファン・カサレスがハーフウェーライン付近からロングシュートを決めてアトレチコが1点を返して引き分け。

2試合トータル4−2でグレミオが15年ぶり5度目の優勝に輝いた。

監督はレナト・ポルタルッピ

選手はマルセロ・グローイ、エジウソン、ペドロ・ジェロメウ、カンネマン、マルセロ・オリヴェイラ、ワラシ、マイコン、ラミーロ、ドウグラス、ルアン、ペドロ・ロシャ、フレッジ、エヴェルトン、ジャイウソン、ミレル・ボラニョスなど
ラベル:2016
posted by アッキー at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | コパ・ド・ブラジル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月05日

アマゾナス州 2016 ファスト・クルーベ

アマゾナス州選手権 2016年

決勝

ファスト・クルーベ3−1プリンセザ



前半42分にペニーニャのPKでファストが先制。さらに後半8分にはカッシアーノが決めて2−0。プリンセザも後半14分にジェフェルソンのPKで1点を返すが、後半18分にシャルレス・シェンコがゴールを決めて3−1。

勝ったファスト・クルーベが45年ぶり7度目の優勝に輝いた。

監督はジョアン・カルロス・カヴァロ

選手はエジマール・スクリ、アンドレジーニョ、チアゴ・ブランドン、チアゴ・スピセ、アンドレ・ルイス、エメルソン・マルチンス、ジナミッチ、ロビーニョ、ペニーニャ、カッシアーノ、シャルレス・シェンコ、エメルソン、デウシネイ、ウェルレイなど
posted by アッキー at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | アマゾナス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月22日

ロライマ州 2016 サン・ライムンド

ロライマ州選手権 2016

決勝

サン・ライムンド2−2バレー
      PK3−2



試合は36分にカカウのゴールでバレーが先制。対するサン・ライムンドも後半8分にデイビッジ、後半21分にジウソンが決めて1−2とするが、バレーが後半35分にトゥバロンが同点ゴールを決め2−2。

試合はそのまま終わりPK戦へ。ここで3−2と勝利したサン・ライムンドが2年ぶり7度目の優勝に輝いた。

監督はシキーニョ・ヴィアナ

選手はカッチ、ウェリントン、エヴァンドロ、ダンチ、ジョアン・パウロ、イゴール、アンデルソン、カレカ、ディヴィッジ、アレックス、カヨ・フェルナンドなど
posted by アッキー at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ロライマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。